>
丸久建築って?

この規模でこの人数の社員大工が居るところはそうないかと思います。社員大工に拘るのは理由があります。
木造建築の大工の技術の継承の為に職人の育成にも力を入れています。

 

いろいろな事情があって、昨今特に全国的にも職人不足が言われだしました。日本伝統の木造建築を続けていくためには職人の技術の継承が叫ばれ、職人の育成が必要になってきています。

社員大工が居るということは毎月の経費が固定で掛かるリスクが有ります。経費的には必要な時に外注で頼むのが安くて済みますし、彼らの仕事を切らさないようにしなければとの精神的な負担も有りません。バブルが弾け、リーマンショックがあって、どんどん外注に出す、そうした傾向の建築会社が増えてきています。そんなに利益がでなくても、それでも良い家を造るために、それを未来にも継承するために社員大工に力を入れています。社長の「久一」も、根っからの職人気質の大工です。今でも現場に入るのが大好きです。良い材料を使って良い家造りをしてお客様に喜んで頂ければと日夜邁進しています。

 

( 大工棟梁の鉋削り)

 

昔は大工の「棟 梁」が家づくりの中心にいました。
打合せから設計、工事、現場の監理、アフターの修繕・修理に至るまですべての責任を負っていました。だから家を建てた人達も何かあれば気軽に頼むことができ「あの棟梁がいるから大丈夫だ」と安心して住むことができました。
しかし、日本が高度成長期を迎え、多くの家を効率よく建てることが求められるようになると、今まで棟梁が行なっていた営業、設計、見積もり、監督、工事の業務が、それぞれの専門家に分業されていきました。それにより、短い期間で一定の品質の住宅提供ができるようになりましたが、大工仕事も別の会社に外注(下請け)されるのが当たり前となり、お客様と大工の間で距離が生まれました。そこに住むご家族の顔すら知らないまま工事が行われるのが当たり前になり、なかには利益中心になり手抜き工事が行われるという悲しいことまで起こりました。なぜ手抜き工事が起きたかは、大工は仕事をくれる(元請け)会社の担当者の顔しか見ることがなくなり、手間を省いたり、自分の利益を優先するようになってしまったためなのです。


家づくりはそこに住むご家族の幸せづくりです。家は「人」が作るものです。ただの作業として仕事をするか、そこに住むご家族の思いを知って仕事をするかで、でき上がる家も違ってくるのです。丸久建築では心を込めて喜んで頂ける家造りに取り組んでいます。

それではなぜ社員大工が良いのでしょうか。

お客様から見れば、工事はきちっと出来て当たり前のことで、建築会社がメインの大工工事を外注に出してもそんなに変わらないのではないのではとか、それ以前にそこまで考えることが無いことが多いように思います。

直接なので「安く」、直接なので「安心」、直接なのでお客様の「思い通りにできる」メリットがあります。

それではもう少し具体的にさせて頂きます。

ポイント①直接施工なので「安い」

工事を下請け先(外注)に出す場合は、下請け先から来た見積にいくらかの利益をのせてお客様に見積を提出することになり、のせた分だけどうしても高くなり、直接頼む方が安いことになります。特にハウスメーカー等はテレビ等の広告宣伝費、住宅展示場の維持費、営業マンの経費、そして工事は下請けに出すと、見積額の中にはかなりの費用が含まれています。同じ金額を出せば丸久建築なら、かなりグレードの高い家を建てることができますし、その分を家具とか内装に費用を使うこともできます。これはとても大きな違いです。

ポイント②直接なので「安心」

直接なので何かあればすぐに対応ができます。また、家は建ててから長いお付き合いが始まりますが、アフターメンテでもしっかりとした素早い対応ができます。これもとても大きな違いです。

ポイント③お客様の「思い通りにできる」

家は図面だとかパースでイメージしていただいて工事にかかりますが、だんだん出来上がってくると現実にはっきりとしてくるので、こうした方が良いのでは、こうしたい!と具体的にいろいろと出てきて、夢も広がってきます。特に家は一生もんですから納得でき、住みやすいものにしたいものです。特に丸久建築は工事の途中にお客様に現場に来ていただいて、見て頂いて打ち合わせをすることに拘っています。やはりこれももっともっと大きな違いです。

【思い通りにできる事例】「指物大工」並みの腕前です。

   
①見え辛いですが、奥のテレビ台と手前のテーブルもお客様のご要望で家のイメージに合った物を大工が作成しました。   ②この棚も当初の予定にはなかったのですが、お客様のご要望から大工が作成しました。   ③手前の台も、壁の棚も当初の予定にはなかったものです。やはり大工が作成しました。

 

 

 そうした集団だからこそ、きめ細やかな対応で「夢を叶える」ことができます。

 

あなたの、家族の、みんなの、そんな夢を叶える家を一緒に造ります。しあわせ作り 家造り工事が終わった時だけでなく、1年後、5年後、10年後、20年後、30年後と、丸久建築に頼んで良かったと言ってもらえることが私達「丸久建築スタッフ」の想いです。建てれば終わりでなく、家が建ってから始まり、家とは長い年数のお付き合いになります。年が経てばライフスタイルも徐々に変わってきます。子供が何人か出来て、そして大きくなって、巣立っていって、同居してと、建てるだけでなく、建ててからも、ライフスタイルに合わせたご提案、普段の暮らしはどうか、メンテナンスはと丸久建築はいろいろな事を考えています。

 

新築.リフォームは夢を1つ1つ叶えること
丸久建築はお客様と直接話しをしながら一緒になって家を建てて行けるのが自慢です。施工しながらお客様と、一工程ずつ現場で確認しながら説明しています。 お客様の思い通りの家、オンリーワンの家づくりが出来ます。 新潟の住宅建築は丸久建築にお任せください。

 

 

夢をかなえるために いい職人は常に「いい仕事」を追求します

 わが社の誇る社員の大工集団です。全員社員で大工です。















丸久建築の現場責任者は、自ら職人さん達と共に汗をかき仕事をしています。手抜きは嫌いで、木の事も良く知っていて大工の仕事が大好きなので、自分が納得する家づくり、お客様が喜んでくれる家づくりを目指しております。新潟の風土に合った家づくり(新築、リフォーム)はお任せください。
 

 

伝統を守ることで品質を守ります(時代が変わっても変わらないもの)

職人が近年減り続けている中で、弟子をとり住み込みで弟子を育成しております。 昔ながらの伝統ある大工の技を数少ない職人に伝授して受け継いで行きたいと願い、若い人を育てています。
丸久建築の家づくりは職人の細やかな技に支えられています。確かな品質で新築、リフォーム致します。

 

 

 

●お電話でのお問い合わせ

新潟店 025-282-7795
村上店 0254-77-2758
 

●FAXでのお問い合わせ

新潟店 025-282-7796
村上店 0254-77-2768
 

●HPからのお問い合わせ