上棟について

RAISING CEREMONY

 

丸久建築の上棟について
古き良き日本の建築文化を継承していきます。

近年、少なくなってきていますが、当社は上棟式を絶やさずに続けています。
上棟式は地鎮祭、竣工式と並んで、建築の三大際式と呼ばれる神道の儀式です。
特に木造建築の場合は上棟式が大切なものとされてきました。土地の神様や建物の神様に、工事の安全と守護をお願いし、完成までの期間見守っていただきます。そんな古き良き日本の伝統文化は、後世に引継ぐ財産と考えています。
施主様が望まれない場合は行いませんが、当社は上棟式(餅まき)を積極的に行っております。

建前(もちまき)上棟のいわれ

上棟式は、棟上式または建前とも言われます。
「柱」「梁」「桁」「力板」 などの骨組みが完成した後、棟木を取り付けて補強する際に行なう儀式の事です。
本来は棟梁自身が建物が完成するまで、災いが起こらないようにとの願いを込めて行うものでした。近年では、建主が工事関係者に気持良く仕事を進めてもらうための「おもてなし」の意味が強くなっているようです。上棟式は地鎮祭、竣工式と並んで、建築の三大際式と呼ばれています。いずれも、建物を建てる時に土地の神様や建物の神様に安全と守護をお願いする 神道の儀式です。特に木造建築の場合は、この中でも上棟式が大切なものとされてきました。普通は、大工の棟梁によって建物の四方が水と塩で清められた後に、餅がまかれます。
この餅のことを「かど餅」「四方餅」などと呼びますが、これは四方を 固める為に置くので、比較的大きな餅になります。その後、上棟式に参加した人たちによって、小さな餅がまかれます。この餅は菱形か丸型をしていて、これを食べると安産になります。
また、焼かないで食べると火事にならないと昔から言い伝えられて、上棟式に集まった人たちに大変な人気です。

地鎮祭、建前の日取り

棟梁または担当者とよく相談して地鎮祭、建前の日を決めています。
注意している点は、開運こよみを使って大安でも友引でも上棟、地鎮祭に使ってはいけない日があるということです。
家を建てるということは、一生の事なのでいい日を選び、こだわりをもって決めています。日取りとして「三隣亡」という日は近隣の人に災いが及ぶとして、近隣の人が嫌がることがあります。「暦注の一」という日に建築をすれば、近隣三軒を滅ぼすといって忌みます。
どうしてもその年に新築する場合は、前の年に柱建てをしておまじないで厄除けをしています。

上棟式の日

上棟式の朝は、危険のないように節分の豆を大工さん全員が食べておまじないをしています。
午後から弓矢を立て準備が始まり、角餅(すみもち・大きめに2個重ね てある)を飾り、四角から塩、酒、米をまきます。屋根の上で棟木にも同じく塩、米、酒をかけ、その後に木づちで棟木を3度ならし、棟梁が祝詞を読み祈祷して終了です。
その後、施主様も加わり餅まきを始めます。餅は紅白別々に袋に詰めて、お金は新品の5円玉、50円玉に紅白の水引を結びます。この5円 玉は火の神様とされています。その為、その日拾った餅は焼かないで食べると言われています。角もちを拾うと願いが叶うとされています。餅を拾いに来る人は、レジ袋などを持参して沢山詰めて帰ります。
最後は施主様と全員で記念撮影をします。